2018年01月07日

揚げないコロッケと豚汁の献立

8766D7BD-33B9-48D2-8AB5-52368CCEC580.jpeg
揚げないコロッケ、千キャベツと玉ねぎドレッシング
冷奴
豚汁
ご飯

久々に揚げないコロッケを作りました。
一時期スコップコロッケが流行りましたね。
コロッケの形にするか、耐熱容器に入れるかの違いと思うのですが、なんとなく、揚げないコロッケの方がコロッケらしいと思ってしまうんですよね。

今回はかぼちゃの揚げないコロッケも作りました。
かぼちゃすべてではなく、じゃがいもとかぼちゃ五分五分がいいバランスだと思います。
少し塩味が足りなかったかな。
塩味濃いめの方がおいしく感じますね。

お野菜は高いので、安くなっていた千キャベツを買いました。玉ねぎドレッシングは自家製です。

最近は急いで作る夜ご飯が多かったので、あまり写真を撮っていませんでしたが、今年は少しゆとりを持って夜ご飯ができたらいいなとおもっています。


posted by ピスタチオ at 21:38| Comment(0) | 豚肉中心の献立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

餃子の献立

IMG_1453.JPG
我が家のフライパンはスーパーで買ったフッ素加工のフライパンなのですが、かれこれ3年が経ち、もう完全にフッ素加工がとれてしまっていると思われます。油を敷かないとびっくりするほど焦げ付きます。
餃子も焦げ付いてしまい、餃子の底がとれてしまうのが常々でした。

今回はなんと!いい焦げ色がついて、全然くっつかずに焼けました。

やった方法は、フライパンを煙が出る直前まであたためて、油を引いて、餃子を並べます。水を50ccほど上からまわしかけて、蓋をして、五分くらい。蓋を開けて焼け具合を確認して、よければ出来上がり。

あれ、結構普通じゃない?と思われるかもしれませんが、この方法なら焦げ付きませんでした。見事にきれいにはがれました。

今までの敗因を振り返ってみると、弱火にすると、水が蒸発せずに餃子の底に入り込み、皮が柔らかくなり焦げ付きました。
中火でやっても、餃子をフライパンに並べるタイミングでフライパンの温度が上がっていなかったのか、焦げ付きました。

以前はフライパンの蓋もなかったので、蒸し焼きにすることができませんでした。
同じ大きさのすき焼き鍋を去年買ったので、その蓋をフライパンでも使っています。

餃子をのせる時のフライパンの温度が高温であること、水が蒸発するくらいフライパンの温度を上げておいて蓋をして蒸し焼きにすること、このあたりがポイントだったのだろうと思いました。

もう一度やって確かめたいと思います。

そして、餃子以外は、

IMG_1454.JPG
自家製鰯のさつま揚げ

IMG_1455.JPG
豆苗のベーコン炒め

味噌汁、ご飯でした。

鰯のさつま揚げは卵を買い忘れてつなぎは片栗粉のみだったので、少しポロポロした感じになってしまいましたが、温かいうちに食べると大丈夫でした。人参とごぼうとネギを入れて具沢山にしました。そのまま食べられるように味噌を多めの味付けにしました。

豆苗は炒めました。歯ごたえを残すくらいに炒めるのは難しいですね。歯ごたえあり過ぎる部分もあったりして。
でも、冷めてもおいしいのでフライパン大活躍のこの日のメニューでは、最初に作っておいておきました。

余った食材で作ったので、中華だか和風だかわからない献立になりましたが、お酒のすすみそうな献立になりました。


posted by ピスタチオ at 21:55| Comment(0) | 豚肉中心の献立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

揚げない春巻の献立

IMG_1420.JPG
春巻
ひじきの煮物
ほうれん草のお浸し
こんにゃくと豆腐の田楽
豚汁
ご飯

春巻は揚げないでフライパンで少しの油で焼きました。
これでもパリッと仕上がります。
また、我が家の具は豚ひき肉、もやし、緑豆春雨、干し椎茸を基本に今回はそれに人参を入れています。
味付けも中華風ではなく、その干し椎茸の戻し汁と醤油とみりんのみのシンプルな味付けです。春雨に汁を吸わせるので、片栗粉などで止めることもしません。ちょっと濃いめにして、そのまま何も付けずに食べられるようにしています。

焼いた後に残ったら、お弁当に入れます。
さすがにお弁当に入れると少ししっとりしてしまいますが、中の具は汁気がないし、濃いめの味付けなので、おいしく食べられます。

焼く前であれば、冷凍にしています。
冷凍庫から出したら、そのまま少し油を引いたフライパンで焼き始められます。

結構気に入っています。

他はあり合わせのものです。
田楽味噌は市販の田楽味噌をいただいたので、それを使っています。


posted by ピスタチオ at 13:38| Comment(0) | 豚肉中心の献立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする