2018年08月05日

ヒレカツとエビフライの献立

A5136238-CE08-47A5-B52B-F2A879816945.jpeg
写真の回転がなぜかできなかったのですが。

一口ヒレカツ
エビフライ
せんキャベツ
豆腐ニラ醤油かけ
わかめとネギの味噌汁
ご飯

ヒレ肉が安かったので、ヒレカツに。
普通のロースかつはうまく揚げられないのに、ヒレカツは最近失敗なしです。
我が家のフライパンはリバーライト極の22センチの炒め鍋で、油の量を減らして揚げ焼き状態です揚げているからでしょうか。


まあ、お肉自体違うというのもあるかもしれません。
自分なりの分析では、ヒレ肉の方が油が少ないので、塩胡椒が浸透しやすく下味がしっかりつくことと、ヒレカツは小さいので、揚げ焼きにしても油に接する面である下になっている部分の水分が蒸発しやすい、ヒレ肉の塊をそぎ切りにしているので薄く中まで火を通しやすい、あたりが違いかと思っています。

エビフライのエビは今回はバナメイエビ。
安かった時に買って冷凍してあったエビを解凍して使いました。小さいエビでしかも丸まってしまっていますが、味はよかったです。

冷奴には自家製ニラ醤油をかけました。最近のお気に入りの食べ方です。

味噌汁はわかめとネギで。フライを作るときに余った溶き卵でかき玉にしていますが、今回はあまり余らなかったので、ほんのすこししかかき玉になりませんでした。

最近、タンパク質を多く摂るようにしています。なので、副菜も冷奴にしました。でもそうすると野菜が不足しがちな気がして悩ましいところです。
posted by ピスタチオ at 05:52| Comment(0) | 豚肉中心の献立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

一口ヒレカツの献立

65C5697B-5850-4727-BF84-13321BBA82E3.jpeg
一口ヒレカツ
エビフライ
千キャベツとトマト
ゴーヤのお浸し
ご飯

普通のとんかつは分厚く大きいので家で揚げるのはなかなか大変ですが、一口ヒレカツならば小さくて、薄いので気軽に揚げられます。
鉄のフライパンを使い始めてから、揚げないシリーズを卒業して⁉︎揚げ焼きにしています。
5ミリくらいしか油を入れません。一口ヒレカツでも半分は外に出ています。
これなら油をそこまで多くは使わないので簡単です。
ヒレ肉を自分でそぎ切りにしています。パン粉も食パンをフードプロセッサーでみじん切りにして使っています。
肉に塩胡椒して、少し置いておくのが下味がしっかりついて美味しくなるポイントのようにおもいます。そうすることで、冷めても肉に味があって美味しく食べられます。
ヒレ肉が少し足りなかったので、エビも揚げました。小さいエビですが、甘くて美味しいエビフライでした。

たまには揚げ物もいいですね。


posted by ピスタチオ at 00:29| Comment(0) | 豚肉中心の献立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

港屋の肉蕎麦を真似してみた

ランチに軽く蕎麦がいいなと思ったものの、普通の蕎麦では物足らない気がして、思いついたのが、港屋の肉蕎麦でした。

港屋といえば、社長島耕作にも出てくる、いつも行列の蕎麦屋さんです。
自分で再現できないかと、ネットで検索すると、レシピを色々な方が出されていました。
ポイントは豚肉の甘辛い味付けと、それと卵に負けない濃いめの麺つゆでしょうか。
豚肉の味付けは砂糖を優勢にした甘めの味付けのようです。煮る時に先に砂糖と酒で味を入れてから醤油を入れました。
蕎麦つゆは味醂と出汁醤油、酒で作りました。水は一対一で濃いめに薄めました。
麺つゆに細かい粒が写っているのは、ラー油は自家製の食べるラー油を使ったからです。
やはり、豚肉の味付けがポイントでした。甘めにして正解でしたね。
写真にはないですが、生卵を麺つゆの中に入れて、ときながら、食べます。
食べ終わってから思い出しました。
胡麻忘れた!
写真に写っているかぼちゃの塩煮はおかずです。肉蕎麦には関係ありません。

63ED1367-A414-4EAF-851C-94BE0F229422.jpeg
自分でも忘れそうなので、メモしておきます。
豚肉甘辛煮
 豚肉250g
 砂糖大さじ2.5
 醤油大さじ2
 酒大さじ2.5
先に醤油以外を全て入れて煮る。豚肉に味が満遍なくついて豚肉の色が変わってきたら、醤油を入れる。汁がなくなるまで弱火にかける。

麺つゆ
 出汁醤油、味醂、酒全て50cc
出汁醤油はだしがよく出る宗田節
 昆布と煮干しを加えて味醂と酒だけ先に弱火で熱する。沸騰したら火を止めて出汁醤油入れて、冷ます。

盛り付け
蕎麦の上に豚肉甘辛煮、ネギ、海苔の順でのせる。麺つゆは水と一対一で薄める。ラー油スプーンひと匙かけて、生卵を入れてしまう。

再現できたかというと、しばらく行ってないので、定かではありませんが、記憶の味とは同じ感じにできた、ってとこでしょうか。
少なくとも好みの味にはできたと思います。


posted by ピスタチオ at 14:37| Comment(0) | 豚肉中心の献立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする