2018年10月29日

家でラーメンする時の具

5AB29090-B4D6-4298-A5AA-4BFC7D25265A.jpeg
生麺で喜多方ラーメンが売っていたので、買ってきて、週末のランチにいただきました。

ラーメンですねいつも家で準備できる具が少なくて、結構困ります。

今回は簡単にできるというフライパンで作るチャーシュー、茹でた小松菜、生卵、海苔にしました。

チャーシュー派トンカツ肉を使って、フライパンでサーっと作るレシピに従いました。
たしかにサーっとできました。味もまあそこそこチャーシューに近い味でした。
が、短時間しか煮込んでいないので、しばらく置いておくと、色がとれてしまいました。ラーメンの汁に溶けてしまったぽい。味はしっかり目につけてたので、ちゃんと塩味残っていましたが、色はタレの色だったので落ちてしまったようです。
それでも豚は豚ですね。最近は鶏むね肉でチャーシューにしていましたが、やはり味は鶏なのでたまには豚でちゃんと作ろうとして思いました。

わかめも入れたかったのですが、増えるわかめしかなくて味気ないので、海苔にはしました。これは正解でしたね。お店っぽい盛り付けにしたので、少し豪華に見えました。

小松菜は後からのせたのですが、少しラーメンのスープに浸して味をつけた方がよかったかも。結局スープに浸して食べました。

具はあるもので済ませることが多いので、その時によって違いますが、それも同じラーメンでも違う味が楽しめていいですね。


posted by ピスタチオ at 03:55| Comment(0) | 豚肉中心の献立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

皿うどんで冷蔵庫の半端物を片付ける

41A277D7-0513-49D8-80D8-0A5F07E1F999.jpeg
猛暑が続いていますね。
暑いのに、なぜか皿うどんが食べたくなり、前に買っておいた皿うどんを作りました。
こちらはすでに揚げてあるそばと、粉末のスープが付いています。
自分で好きな具材を炒めて、水で溶いたスープを入れて、とろみがついたら、そばにかけて出来上がりなので、簡単です。

出来上がりの写真を撮り忘れましたね😅

パッケージの写真ほどエビは入れませんでしたが、白菜(安い時に冷凍しておいたもの)、キャベツ、人参、しめじ、エビ、イカ、豚肉を入れました。エビとイカは安い時に買って使った残りを冷凍してあったもの。基本は炒め物に合いそうな食材で家にあったものを入れました。
色々具材が入った方がおいしいですね。
家にある半端な食材の片付けにもなります。
干からびそうになっていた、しめじ、人参、キャベツを救済できました。

炒めて煮込むので、白菜やキャベツはたくさん入れてもかなりカサが減ります。キャベツなんか二人分で1/4玉以上は入れました。
たっぷりの野菜とエビ、イカ、豚肉とタンパク質もとれるので、栄養バランスも意外といいですね。


posted by ピスタチオ at 16:41| Comment(0) | 豚肉中心の献立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

ヒレカツとエビフライの献立

A5136238-CE08-47A5-B52B-F2A879816945.jpeg
写真の回転がなぜかできなかったのですが。

一口ヒレカツ
エビフライ
せんキャベツ
豆腐ニラ醤油かけ
わかめとネギの味噌汁
ご飯

ヒレ肉が安かったので、ヒレカツに。
普通のロースかつはうまく揚げられないのに、ヒレカツは最近失敗なしです。
我が家のフライパンはリバーライト極の22センチの炒め鍋で、油の量を減らして揚げ焼き状態です揚げているからでしょうか。


まあ、お肉自体違うというのもあるかもしれません。
自分なりの分析では、ヒレ肉の方が油が少ないので、塩胡椒が浸透しやすく下味がしっかりつくことと、ヒレカツは小さいので、揚げ焼きにしても油に接する面である下になっている部分の水分が蒸発しやすい、ヒレ肉の塊をそぎ切りにしているので薄く中まで火を通しやすい、あたりが違いかと思っています。

エビフライのエビは今回はバナメイエビ。
安かった時に買って冷凍してあったエビを解凍して使いました。小さいエビでしかも丸まってしまっていますが、味はよかったです。

冷奴には自家製ニラ醤油をかけました。最近のお気に入りの食べ方です。

味噌汁はわかめとネギで。フライを作るときに余った溶き卵でかき玉にしていますが、今回はあまり余らなかったので、ほんのすこししかかき玉になりませんでした。

最近、タンパク質を多く摂るようにしています。なので、副菜も冷奴にしました。でもそうすると野菜が不足しがちな気がして悩ましいところです。
posted by ピスタチオ at 05:52| Comment(0) | 豚肉中心の献立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする