2016年10月16日

パンプディングとカリフラワーのスープ ローズベーカリー

IMG_1237.JPG
銀座にあるローズベーカリーで休日のランチしました。

イギリスフェア?のようなものをやっており、その中から、パンプティングとカリフラワーのスープにしました。

どちらに付いていたのか、パンも出てきました。

IMG_1238.JPG

ちょっと酸味のあるパンです。皮はかたいですが、中はしっとりもっちりしたパンでした。

パンが付くなら、パンプティングではなくて、キッシュとかにすればよかったかなぁ^^;

パンプティングは上の方はたぶん出てきたパンと同じパンだと思いますが、卵液に浸されて塩味もありました。下の方はキッシュのような感じでパンはなかったように思います。
私には少し曖昧な味に感じましたが、付いているトマトソースをつけると味が引き締まっておいしかったです。トマトソースは甘くなく、酸味があるタイプで、トマトの刻んだものが形を残して入ってました。
これだけで相当お腹いっぱいになりました。

IMG_1239.JPG
飲み物がセットにならないので、少々高めになります。そんな時私はスープを代わりに頼むことにしています。お値段はちょっと高くなりますが、スープの方が栄養ありますし、普通の飲み物よりも満足感がありますよね。

カリフラワーのスープはチーズがかかっていて、さらに濃厚なスープになっていました。パンを浸して食べました。
フードプロセッサーなどを持っていないので家で自分では作らないものですから、こういう時に食べるとおいしいです。

パンプティングは千円、スープは750円。
合わせて1750円でした。
決して安くはないランチですが、まあ銀座ですし、家では作らないようなものを食べられますから、たまにはいいですね。


posted by ピスタチオ at 08:49| Comment(0) | 卵料理の献立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

シマダヤの讃岐うどんで休日ランチ

image-d467b.jpg
シマダヤのうどんを使って、具沢山のうどんにしました。
水に粉末のつゆの素を入れて沸騰させて、うどんを入れて3分で完成の手軽さです。
つゆを沸騰させるまでの間にネギを切って、まいたけをほぐして、冷凍してあった茹でたほうれん草を解凍して、お餅を焼き始めます。
沸騰したら、餅以外は全部つゆの中に入れてうどんと一緒に3分間、できたら、焼きあがった餅と、生卵を割り入れて、生姜をすりおろして入れて、付いていたかやくとゴマをふりかけて完成です。
お餅を入れたので、腹持ちもよくなりました。
パッと素早く作れるし、常温で割と長期保存ができるので、シマダヤのうどんは便利ですね。冷凍のうどんも常備していますが、冷凍のかなりの位置を占めていて少し邪魔だし、つゆを作るのが少し面倒かなぁ。
麺つゆで作れば簡単か^^;


posted by ピスタチオ at 09:19| Comment(0) | 卵料理の献立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

少ない材料で 天津飯の献立


DSC_1221.jpg

天津飯
玉ねぎの焼売
玉ねぎとおかかのスープ

家にあるものでなんとかしようとした結果、玉ねぎ、卵、カニ缶で作るという状況になってしまいました。

天津飯のご飯は昨日のご飯に玉ねぎを入れて塩胡椒で炒めてチャーハン風にしました。
卵は一人2個使い、カニ缶をたっぷり入れてフライパンで焼きました。
フライパンに卵を入れてからかき混ぜ過ぎたようで、ぐちゃぐちゃになりましたが、半熟でご飯の上にかけました。さらに上からあんをかけたので、見た目は大丈夫に見えますね(^^;)
あんは麺つゆを使いました。麺つゆを水で薄めて、少々のお酢と砂糖を入れてさっぱりあんにしました。
お酢と砂糖なしの方がよかったかな。
好みと思いますが、天津飯のあんはお酢入りのレシピが多いですね。
出汁が中華風だとお酢が合うのかもしれませんが、麺つゆにはお酢なしがいいかもしれません。
片栗粉でとろみをつけてかけたら出来上がり。
それっぽくなりました。
お味はカニ缶にだいぶ助けられ、そこそこにできました。

玉ねぎの焼売はクックパッドのレシピを参考に、みじん切りにした玉ねぎに片栗粉をまぶし、塩胡椒してラップで包んで丸くして、500wの電子レンジで1分くらい。玉ねぎと片栗粉が透明になり、丸くまとまっていれば出来上がり。

玉ねぎのスープはスライスした玉ねぎを水から鍋に入れて透明になったら、醤油とおかかで味付けし、最後にごま油を風味付けにたらしました。
さっぱりし過ぎたようにも思いましたが、天津飯が意外にガツンとくるので、これくらいでちょうどよかったです。

少ない材料でもなんとかなるもんですね。
本当はもっとお野菜を食べないといけないのでしょうけど(^^;)

posted by ピスタチオ at 06:46| Comment(0) | 卵料理の献立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする