2019年01月14日

業務スーパーの激安上州高原どり若鶏むね肉で油淋鶏

業務スーパーは最近あちこちに出店していますね。
私の家の近くにもできました。

業務スーパーといえば、激安だけど大容量がウリ⁈なので、なかなか新しいものにチャレンジする勇気がなかったのですが、2kgの鶏むね肉が半額の440円だったので、チャレンジしてみることにしました。半額の理由は賞味期限が近いから。
我が家は主人と二人なので、2kgはかなり苦戦する量です。

冷凍になっていたので、半解凍してバラしてみると、7つ入っていました。

その日食べる分の二つを除いて、ブライン液につけて、冷蔵庫へ。
二つは油淋鶏にすることにしました。


一番少ない材料で簡単にできそうだったので、こちらのレシピで作ってみました。

711CF997-60D3-4D11-A9B2-DECBC11AC3FD.jpeg

なんだか写真だとあまりおいしそうに見えないですね😓

でも、主人においしいね、と言われましたよ。
最初のつけ置きが大事だと思いました。かなりジューシーな鶏むね肉に仕上ります。元はキロ220円の肉とは思えないです。

残りはブライン液に浸けているので、たぶん、ジューシーになっているはず。
鶏チャーシューに2枚はするつもりです。覚めても食べやすいのでお弁当にも持っていけます。
残りの3枚は何にするかなあ。

ただ、これだけたくさんの鶏肉を見ると、しばらくは食べたくなくなりそうです😅


posted by ピスタチオ at 00:43| Comment(0) | 鶏肉中心の献立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

鶏皮を使って中華スープ

皆さんは鶏肉の皮、どうしてますか?
わざわざ皮を取ることはしてないのですが、包丁で切っている時に剥がれてしまったら素直にむいてしまい、冷凍にしていました。

鶏皮とごぼうできんぴらの味付けにしたものを主人が好きというので、ごぼうを買ってくると、鶏皮を解凍して作っているのですが、ごぼうをそこまでの頻度では買ってこないというか、夏場はほとんど買わないので、鶏皮がどんどん溜まってしまいました。

鶏がらスープの素のように鶏皮の油が使えると聞いて、一度やってみたのですが、鶏皮を入れすぎたのか、香味野菜が少なかったのか、鶏の臭みがひどくて、あまりおいしくなかったので、しばらくやりませんでした。

しかし、夏場に使わず、溜まってしまった鶏皮を消費すべく、またスープに再チャレンジしました。

今回は前回の失敗を踏まえて、いくつか工夫をしました。
まず、鶏皮の量はかなり減らしました。
鶏皮ごぼうにするときに切り分けたうち一人分あたり一つにしました。これだと全然消費できませんが仕方ありません。
鶏肉だけでまずは弱火で炒めるようにして、油を出しました。
また、香味野菜として、ネギを大量に入れました。それもネギの青いところを刻んで入れました。
他の具はシンプルに増えるワカメとゴマ。
味付けは塩と出汁醤油にしました。
つまり、鶏皮の出汁だけに頼らず、宗田節の出汁も入れました。

これでかなり鶏の臭みは減り、めちゃくちゃおいしいとはいきませんが、普通の中華スープができました。

我が家は鶏がらスープの素は常備していないので、こうしてたまに中華スープができると助かります。

まだまだ鶏皮余ってますので、次に洋食に合わせる、オニオンスープの出汁に鶏皮を使ってみました。
油は入れず、鶏皮と玉ねぎを入れて弱火でじっくりと炒めます。
そして少しだけ余っていたエリンギも入れました。
玉ねぎが飴色になったら、水を入れてさらに煮込みました。
塩味で整えたら、出来上がりました。
オニオングラタンスープにできるかも。
フランスパンをトーストしてのせて、さらにチーズをかけて、トースターでチーズが焦げるくらいに焼けばいけそうですね。

問題は耐熱容器でスープを入れるような容器がないことですね。
IKEAの耐熱容器でトーストはして、食べる時にスープ皿に移し替えるか、チーズトーストを作ってのせるかですね。

おいしく鶏皮からスープが取れるようになれば、だいぶ中華や洋食のレパートリーが増えそうに思いました。

これで麻婆豆腐と餃子に味噌汁を合わせなくてよくなるなぁ。


posted by ピスタチオ at 23:01| Comment(0) | 鶏肉中心の献立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

お弁当のおかずに 手羽中でカレー風味ムニエル?

あまり期待せずに作ったので、写真はないのですが、手羽中でお弁当に入れられるおかずを作ってみました。
手羽中に塩胡椒してよく揉み込みしばらくおきます。
その間に付け合わせ用にキャベツを粗いせん切りにします。
手羽中にカレー粉と小麦粉を混ぜた衣をつけます。
フライパンに油をしいて、揚げ焼きにします。その周りにキャベツを入れて塩胡椒して、炒めます。
焼きあがったら盛りつけて完成。
キャベツから水が出るので、できれば手羽中と別に炒める方が手羽中がカラッと揚がると思います。

お弁当には下にキャベツを入れて、上に手羽中のせました。
カレー風味と普通の塩胡椒で味が違うように感じるので、二品になります。

手羽中と塩胡椒、カレー粉、小麦粉と簡単な材料で結構手早くできました。
ムニエルに近いでしょうか。
カレー風味なので冷めても美味しく食べられました。

posted by ピスタチオ at 23:15| Comment(0) | 鶏肉中心の献立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする