2019年02月03日

今日は節分 巻き簾使わず作る恵方巻

CDA9E118-D928-4E03-BFCD-873D72421678.jpeg
今日は節分。豆撒きに恵方巻。豆はまきませんでしたが、食べました。
年の数食べると言ってもこの年になると、食べるのも大変😅半分にしました。

そして、恵方巻は自分で好きなものだけ具材を入れたいので、自分で毎年作っています。
今年は刺身は切れ端らしきものをいくつか盛り合わせて売っていたのがあったので、それを使いました。
中トロ、鯛、イカ、ホタテ、サーモンが入っていたので、お得でした。
巻いてしまうので、形が悪くても、長さが短くても足せばいいので、問題ありません。
生のサーモンは苦手なので、塩焼きにしてしまいました。

微妙に違う2種類作りました。
中トロ、イカ、カニマヨ、玉子焼き、きゅうり、干瓢の甘辛煮
もう一つは中トロ、イカ、鯛、ホタテ、玉子焼き、きゅうり、干瓢の甘辛煮
食べたら、大して味の違いはなく、どちらも海鮮太巻きでした。
色々入って食感や味の違うものが入っているのがおいしい太巻きの秘訣ですね。

玉子焼き、干瓢の甘辛煮も自分で作りました。

で、問題の巻き簾を使わず、巻く方法ですが、いつだったか、テレビで見たには、ご飯が冷めてから巻くと何も使わないでも巻けるという話でした。
確かに巻けるのですが、心もとないので、私はクッキングシートを使っています。
オーブンで焼く時に使うやつですね。
多少酢飯が冷めていなくてもクッキングシートを使うとサッと巻けます。
クッキングシートの適度な硬さと、サラッとした感じがいいのだと思います。
一度ラップでもやったのですが、酢飯が冷めてないと海苔がベタッとなってしまったり、ラップだとやわらかすぎて均一に巻くのが少し難しいです。それなら、酢飯が冷めてから、何も使わずに巻いた方がやりやすかったです。

干瓢の甘辛煮は黒砂糖大さじ2、醤油大さじ2、みりん大さじ1で味付けました。
色んな味付けのレシピがありますが、シンプルかつ濃いめの味付けがおいしいと思います。
砂糖は今は黒砂糖しか使っていないので黒砂糖なだけです。
冷凍しておけるそうなので、残りは冷凍しました。
一緒に油揚げも煮たので、残った酢飯はお稲荷さんにして、明日食べようと思います。

酢飯も米酢に黒砂糖一対一で作りました。黒砂糖を使ったので、少し酢飯が茶色くなってしまいました😅

その他はレタス水菜大根のサラダと大根とワカメの味噌汁にしました。
まずはふつうにサラダを食べたら、黙って東北東を向いて恵方巻食べて、また普通に味噌汁飲んで、という感じで食べました。主人はお酒も飲んだので、残った具材をそのまま酒の肴にしたり、干瓢巻など普通の細巻きにして食べました。

でも、恵方巻結構安く売ってますよね。
具材が違うので何とも言えませんが、家で作るよりも安くあがるかも、と思いました。
刺身が少しずつしか使わないので、盛り合わせを買うのですが、刺身の盛り合わせも気に入った具材だけの盛り合わせがなかったり、量が微妙だったり、単品の刺身をいくつか買うとあっという間に金額いっちゃいますしね。
そんなことをぼやきながら、また来年も自分で作るんだろうなあとも思っています。

posted by ピスタチオ at 23:11| Comment(0) | 魚介中心の献立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月20日

ふるさと納税の返礼品 活伊勢海老 南房総市

ふるさと納税の返礼品何にしましたか?
私は悩みに悩んで、普段食べられないものにしようと南房総市の伊勢海老にしました。

そしたら、なんと、
54D88769-AB7C-4E7C-A6D9-DE31A3A3682F.jpeg
おが屑の中には生きた伊勢海老が二尾入ってました!
悩みに悩んであまりちゃんと見ずに選んでしまったのですが、どうやら、活伊勢海老だったようです。
ちょっと触角を触ったら、おが屑の中でゴソゴソと音がします。

この後、一回蓋をして、夜ご飯の直前にもう一回開けたら、伊勢海老の背中が見えてました💦

私生きているのは苦手なので、主人を呼んで、とりあえず、シンクの中に入れてもらいました。

E164A045-C6CD-46C6-BF2D-3661E1038904.jpeg
水でよく洗ってくださいとあるので水を流しているのですが、これが跳ねる跳ねる。
シンクから飛び出さんばかりのイキの良さ。
私はキャーキャー言うだけで手も足も出ません。
棘があるから、軍手でというので、軍手を主人と片方ずつつけて、包丁持って、いざまな板へ。
でも、全然包丁が入りません。
結局、私は尻尾を押さえただけで、主人が包丁で切ってくれました。
頭と、
180994B1-F692-441D-B08A-9FD18D606ACA.jpeg
身に。
BB52B4EF-2FD3-4563-B27B-C764ECA21310.jpeg

一尾はお刺身に、もう一尾は塩焼きにすることに。

かなり大きな伊勢海老でしたが、頭が大きいので、お刺身になる部分はあまりないですね。
しかも、身離れが悪く、スプーンでとっても、なかなか出てこないです。
お刺身にし残りの頭はお味噌汁に。後からみたら、身もたっぷりあったので、たぶんもっと刺身にできる部分があったのでしょうね。

それから、もう一尾は主人が縦に半分に切ってくれたので、そのまま塩をふって、魚焼きグリルに入れて、焼きました。

あとは、水菜とトマトのサラダ、ほうれん草のおひたし、鶏むね肉のチャーシューで夜ご飯です。

11442591-A608-4887-8113-F970DD4F4768.jpeg

伊勢海老の味噌汁と伊勢海老の塩焼きの間にあるのが、お刺身です。
ほんの一口くらいですね。
でも、ぷりっぷりで甘みもあり、おいしかったです。
塩焼きも焼き過ぎないように少し手前で火を止めたので、中は半生状態でこちらもおいしかったです。そして、こちらの方が身をしっかりと食べられました。

でも、味噌汁が海老味噌が濃厚な出汁となり、とってもおいしかったです。あまり、期待をしてなかったので、ちょっとびっくりしました。

塩焼きが意外なほどお腹にたまり、足りないのではないか、と出した鶏むね肉のチャーシューは全然手をつけずじまいでした。

最後にこの海老の殻を使って出汁をとり、雑炊にして食べました。

殻の出汁はまだ残っているので、もう一回くらい海老の味噌汁ができそうです。

伊勢海老満喫しました!
また、来年も頼もうかしら。

posted by ピスタチオ at 23:08| Comment(0) | 魚介中心の献立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

赤舌平目のムニエルの献立

99FFC21C-84F6-4D2D-B7CA-EDA24F8140A2.jpeg
近所のスーパーで赤舌平目がなぜか安くなっていたので、買ってみました。
平目買ったの初めてです。平目を使った料理で思い浮かんだのが、ムニエルだけだったので、ムニエルにしました。

頭もとってあったので、私がしたのは塩胡椒で下味つけて、小麦粉はたいてバターでソテーしただけ。
小さいサイズで厚みもないので、食べるところは少なかったですが、白身でとても美味しかったです。
付け合わせは茹でてるあったブロッコリーとトマトにしました。

赤舌平目のムニエル、茹でブロッコリーとトマト添え
しらすおろし
ご飯
しそジュース

しらすおろしは合わないかと思いつつ、家にあるもので副菜に思いつくものがなかったので。
赤い飲み物はワインではなく、自家製しそジュースです。
梅干し用に買った赤しそが余ったので、しそジュースにしました。爽やかで美味しいです。

たまには新しい食材を買ってみるのもいいなと思いました。

posted by ピスタチオ at 10:26| Comment(0) | 魚介中心の献立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする