2018年05月01日

ニシンの塩焼きの献立

5A2487BD-0FC8-4853-B2CC-49595EEA9063.jpeg
ニシンは数の子が入っているかどうかが重要なポイントですね。
お腹がふっくらしていること、気持ち前かがみの形をしていることで見分けられらように思います。
これはちゃんと数の子入ってました。
プチプチどころかパツンパツンの食感がいいですね。

ニシンの塩焼き
あさりとキャベツの酒蒸し
とろろかけご飯
ネギとワカメの味噌汁

あさりもキャベツも今が旬の塩焼きもの。旬のもの同士でおいしかったです。今まではオリーブオイルにニンニクと唐辛子を入れてそこへあさりとキャベツを投入し、日本酒で酒蒸しにしていたのですが、今回はニンニクとオリーブオイルパツンパツン抜きで、あさりとキャベツと輪切り唐辛子と日本酒と塩を一気に入れて、鍋の蓋を閉めて蒸し焼きにしました。

早くできて、あっさりしていながらも、あさりの出汁と日本酒唐辛子塩味でキャベツにも出汁が染み込んでました。
今度からこの方法で作ろうと思います。

とろろかけご飯はとろろが少なかったので、一見卵かけご飯みたいに見えますね。
でも、大和芋だったので、少しでも存在感はありました。

ニシンを焼いている間にできる簡単ご飯でした。
簡単にそれなりの品数をバランスよく用意できる時と時間をかけても一品しかできない時があり、結構悩ましいところですね。


posted by ピスタチオ at 12:19| Comment(2) | 魚介中心の献立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

あさりと水菜のスープパスタ

CEC2E966-B0CE-42E9-AE64-1B6ED388CAC4.jpeg
ご飯を炊いておいたつもりで、炊けてなかった時のショックは大きいですよね。
ご飯がないなら、何を主食にするか、乾物をあさって、今回はパスタにしました。
具は安かったので買ってきたあさりと、冷蔵庫の中にあった、水菜と青ネギで決まり。
あさりはその日買ったので、塩抜きを急いでしないと食べられません。
50度洗いですぐに砂抜きができるとあったので、やってみました。
結果、かなり砂をはいていたのですが、まだ少し砂を食っているあさりがいました。
カニ食っているあさりもいました。
でも、しないより全然マシだと思います。
急がないならば、ちゃんと塩水でやった方がいい気はします。
スープパスタにしたのは、少し前にタコしゃぶをやった残りの汁があったから。
タコとあさりは違うけど、海鮮同士で喧嘩はしないかなと思ったのと、他に使い道が思い浮かばず使わないでしまうのは勿体無いと思ったので、入れてしまいました。
最初はペペロンチーノの味付けと思っていたので、ニンニクと鷹の爪は入った状態で、思い付いたので、塩味でいくことに。
とってもいい出汁の効いたスープパスタになりました。あさりの出汁はすごいですね。
タコしゃぶの汁も味を複雑にしておいしくしてくれていると思います。

また作ろうと思って作れるものではないですが、ほとんど残り物で作ったのにおいしく食べられて満足でした。


posted by ピスタチオ at 22:30| Comment(0) | 魚介中心の献立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

エビとそら豆と水菜のパスタ

918893D0-ED45-4A69-AACE-1D206E173479.jpeg
休日のランチは麺類にすることが多いです。
この日はパスタに。
エビとアスパラのパスタにしたかったのですが、アスパラがなかったので、茹でたそら豆と中途半端に残っていた水菜で作りました。

味付けはバターとニンニクと塩胡椒とレモン汁でさっぱりとさせました。
でも、この組み合わせなら、醤油を足して、バター醤油でも美味しかったかも。
そら豆は元々茹でてあったので、パスタと混ぜているうちにどんどん崩れてソースと一体化してしまいました。
水菜は茎の部分は先にエビなどと炒めて、葉っぱの部分は後からパスタと一緒のタイミングで入れて、サッと火を通しました。
ちょっと大きめのエビが入ると少し贅沢な感じがしますね。

今旬のもので作るパスタは美味しいです。

posted by ピスタチオ at 15:45| Comment(0) | 魚介中心の献立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする