2018年05月15日

ピーマンの肉詰めの献立

6B2A209D-F61E-4EEE-9E64-476B6887C25C.jpeg
ピーマンの肉詰め
新玉ねぎのレンジ蒸し
卵とネギと油揚げの味噌汁
ご飯

ピーマンの肉詰めは何味で食べますか。
私のイメージはケチャップとトンカツソースで作ったソースで食べるのですが、ネットで見てみると、結構照り焼き風のソースが多い気がします。
前からそうだったでしょうか。
肉詰めの肉も豚肉だけのレシピが多いようです。
私は小さい頃食べたピーマンの肉詰めのイメージが要はハンバーグがピーマンに詰まっているような感じなので、そうしているのですが、一般的には違うんでしょうか。

新玉ねぎのレンジ蒸しはバター醤油にしましたが、醤油が少なかったのか、とても優しい味になりました。新玉ねぎの甘味は十分に味わえたので、それはそれでよかったのですが、バター入れずに、鰹節と醤油であっさりの方がよかったかなあ。

味噌汁は肉詰めに使った卵の残りを使いました。
結構余っていたみたいで、卵だらけになってしまいました。
お弁当のおかずとか何か別のものに使った方がよかったかもしれないです。
大体は余った玉ねぎも味噌汁に入れてしまうのですが、今回は副菜を新玉ねぎにしたのでやめました。

なんか洋食の時の副菜ってサラダ以外なかなか難しいですね。
今回はサラダの具になりそうな野菜も少なかったし、ドレッシングもなかったので、サラダにはしませんでした。

また次回作るときには副菜は別のものを合わせようと思います。


posted by ピスタチオ at 00:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

カトラリーの断捨離

キッチン周りの断捨離を続けています。
カトラリーを整理しました。

まず、箸1膳
二人なのに4膳あります。
2膳は前に使っていた箸です。うち、1膳はお弁当の時の箸として使っているので、出番はありますが、1膳は全然使っていないです。
以前菜箸がわりに使おうとして、主人にたしなめられました。実際、橋は菜箸にするには短すぎました。取り分け用にできると思っていたのですが、特にお客さんが来るわけでもなく、二人で食べる時はそれぞれに分けて出しているので、使わなかったです。

往生際悪く、今回カトラリーはジップロックに入れてある程度の期間置いて使わなければ捨てようという作戦です。

次はナイフ2本です。
例えば、ステーキとか、ナイフとフォークで食べるから必要だ、と思って買ったのですが、そもそもステーキなんて、年に何回もしないし、しても、主人は事前に包丁で切っておいで箸で食べる派でした。
ホットケーキとかナイフがないと切れないし、と思ったのですが、ホットケーキこそ一年に一回するかしないか、とかいうところです。
そして、たぶん、このナイフが重い、というのもあると思います。なんとなく使いづらいんですよね。

そして、ナイフとセットのフォーク2本
元々新婚の頃に主人がカトラリーを用意してくれました。その時は無印で揃えました。
それがあるのに、ナイフとセットだったら、フォークあるだろう、お客さんが来た時にフォークないのは気の毒だろう、と思い買ったのですが、実際にはお客さんを用意呼ぶこともなく、フォーク単独で使うときもなんとなく無印の方を使ってしまうんですよね。

さらに、ナイフとフォークとセットのスプーン
そう、ナイフを買った時、フォークとスプーンも合わせて買いました。
しかし、そのセットで使ったことは一度もないような気がします。
全体的に重たく感じて、微妙に大きいんですよね。ついつい無印の方を使ってしまうという状況で出番がありません。

5つ目は小さいフォーク2本
ケーキ用と果物用だったかな、なんせおやつが充実しますね。
実際は私がどっち用か区別できず、先に見つかった方で食べるという状況なので、どちらかは処分しようと考えています。

6つ目はティースプーン5本
たぶん、ティースプーンだと思うのですが、スプーンはジャムなど瓶からとるのに結構使うと思って、たくさん持ってました。
調理中もたくさん使っていると思ってますが、他に無印のスプーン二本と計量スプーンがあるので、一旦ジップロックに残りは入れてみることにしました。全然使わないようであれば、処分しようと思います。

新婚の頃の所持品に戻った感じです。
まあ、あの頃ほとんどはそれで足りていたわけですから、家族が増えたわけでもないので、それでいけるはずですよね。
たぶん、カトラリーを増やしたのは、お客さんが来た時どうしよう、という考えがあったと思います。
大皿で出して取り分けるにしても、スプーン2本じゃ足りなくなるかも、ちょっとデザートを出したときプラスチックのスプーンやフォークは味気ないかな、などです。
でも、全然人をよんでないので、これからもないように思います。あったとしても、その時、割り箸とプラスチックのスプーンなどでいいように思います。

一旦ジップロックに入れました。この状態で3ヶ月くらいは様子をみようと思います。夏休みに再度確認する感じでしょうか。


posted by ピスタチオ at 05:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鰯の蒲焼きの献立

8E387952-9BF8-4795-8744-78CBC550110D.jpeg
鰯の蒲焼き
かぼちゃの塩煮
めかぶのポン酢和え
ホタルイカと大根の煮物
大根、ごぼう、青さの味噌汁
ご飯

しばらく前に鰯が安かった時にまとめて作って冷凍しておいた鰯の蒲焼きです。
仕事で遅くなった時にチンしてすぐに食べられるので、重宝するのですが、長く冷凍しておくのも、味が落ちるので、今回食べてしまいました。

かぼちゃの煮物は甘辛く煮付けるものと思っていたのですが、塩煮をやってみて、塩だけでもかぼちゃの甘みでおいしいのだと知ってから、塩煮にすることが多いです。
味付けは塩だけなので、残ったら、サラダの具にしてもいいし、スープにもできるし、色々アレンジができて飽きがこないです。

めかぶのポン酢和えは切ってあるのを買ってきて、ポン酢をかけただけです。

ホタルイカと大根の煮物は元々ホタルイカだけで、佃煮にしてあったのですが、思ったより食べなかったので、大根と煮てしまいました。イカ大根があるから、ホタルイカとだっていけるだろう、という安直な考えからやってみました。まあ、想像通りの味でした。

そして、味噌汁はあったものを放り込んだ感じです。野菜スープに凝ってまして、大根とごぼうも野菜スープに使ったものです。それに賞味期限が過ぎて持て余していた青さを入れて、使い切りました。なぜ、それが賞味期限が切れる前にできなかったのか、本当に謎ですが、次回からは気をつけようと思います。
そして、ふと思ったのは、この時期、ワカメやめかぶなど、生の海藻類が豊富なので、乾物まで食べようと思わなかったというのもありそうです。色々なものの旬を知っておくのは大事だな、と思いました。
野菜はかなりわかるようになりましたが、魚介類、海藻類はまだあまりわかっていないです。
スーパーに並んでいる魚介類も季節によって違っていることはなんとなく気づいているのですが、それがだいたいいつ頃なのか、あまり意識してこなかったように思います。
カツオは初ガツオと戻りガツオがあるとか、いくらは秋にいるとか、牡蠣は冬だよね、くらいの知識ですから。
これからは少しずつ、魚介類や海藻類の旬も覚えていこうと思います。


posted by ピスタチオ at 05:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする