2017年02月22日

旬の文旦を使ったサラダと白菜たっぷりの献立

IMG_1483.JPG
文旦は今が旬ですね。たくさんいただきましたので、毎朝食べています。
でも、そのまま食べるのにも、そろそろ飽きてきたので、サラダに入れてみました。

トマトとアボカドを切って、皮をむいてほぐした文旦少し入れます。
塩胡椒とオリーブオイルでサッと和えたら完成です。
1日置いたくらいがちょうど味が馴染んでまたおいしくなります。
なので、夜ご飯に作って、残りをお弁当に入れると、ちょうどいい感じです。

白菜も旬ですね。
でも、2人だと4分の1でも持て余してしまうこともあります。

今回は半分は浅漬けにして、もう半分はツナとしめじを入れて味噌煮にしました。
醤油系の煮物だと鍋物と近い味になって飽きてくるんですよね。
違う味のバリエーションを色々覚えようと思います。

白菜とツナとしめじの味噌煮
トマトとアボカドと文旦のサラダ
白菜の浅漬け
豆腐とネギの味噌汁
牡蠣の炊き込みご飯

目標は白菜を丸ごと買って無駄なくおいしく食べられるようになることです。
バリエーションもさることながら、日持ちも考えた調理が必要そうですね。

posted by ピスタチオ at 20:03| Comment(0) | 魚介中心の献立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。