2017年09月19日

コンソメを使わないかぼちゃのスープ

気をつけていることは、なるべく化学調味料は使わないということです。
市販のだしの素、コンソメの類は買わないことにしています。
でも、そうすると結構困るのがスープを作る時です。
なかなかコンソメ使わないレシピがないですね。
かぼちゃのスープ、オニオンスープ、ポトフ。たいがいコンソメ入りです。

主人のリクエストでかぼちゃのスープを作りました。
主人は外食も多く、化学調味料の味に慣れていて、それをおいしいと思う人なので、あまりシンプルな味付けは好まない傾向にあります。

レシピを結構探しましたが、コンソメを入れないと今度はかぼちゃと塩で、とか本当にシンプルな方へ行ってしまう感じで、なんとかコンソメなしでよく外でいただくような味にならないか考えました。

いくつかあったのが、白味噌を入れる方法、バターを使う方法、炒め玉ねぎで甘味を出す方法。
合わせ技でいってみることにしました。
バターで炒めたみじん切りの玉ねぎを入れて、普通に味噌汁などに使っている味噌をほんの少し入れました。
あとは牛乳と塩のみ。
バターも牛乳もいいという考え方と悪いという考え方とありますね。毎日使うわけではないですし、今回はよしとします。

結果はそこそこコクのあるかぼちゃのスープになったと思います。
主人もおいしいとは言いませんでしたがお代わりがあるか聞かれたのでまあ合格点だったと判断しています。

本当はかぼちゃと塩くらいのシンプルなものの方が私は好きなのですが。

本当に食べ物に関する良い、悪いの話はそれぞれ反対の主張があったりして、なかなか選択が難しいですね。

最近は偏らないのが一番いいのではないか、と思ったりします。


posted by ピスタチオ at 05:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

鉄のフライパン リバーライト 極 炒め鍋

以前はフッ素加工の26センチのフライパンを使っていましたが、フッ素加工がとれて焦げ付くようになったので、買い替えを検討しました。
二人であること、フッ素加工は体に悪そうだし、何度も買い替えをするのは嫌だったので、鉄のフライパンにしました。

リバーライト極の22センチ炒め鍋です。

鉄のフライパンで中を入れて片手で持てる重さはこれくらいの大きさというのもありました。

結果、二人なので22センチで問題なく使えてます。
炒め鍋なので深さもあるのがいいのだと思います。

パスタも焼きそばもこれで具をたくさん入れても作れました。
揚げ物もフッ素加工のフライパンは加工が取れるのではないかと心配しながらしかも大きいので油もたくさん必要でしたが、小さくなり、鉄なので少ない油で揚げられるようになりました。
鉄の方が熱伝導がよく我が家では結果的に節約になっていると思います。
熱伝導がよく、どの火加減でやればうまくいくのかわからないことも多かったですが、だいぶわかるようになってきました。

餃子や玉子焼きはくっつかずできるようになりました。まだ、なぜかチャーハンはくっついてしまいます。
火加減の問題だと思うのですが、なかなか正解が見つかりません。

まだまだ試行錯誤は続きますが、楽しんで使い続けたいと思います。


posted by ピスタチオ at 00:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

お刺身からのづけ丼

お刺身を買うとき、サクで買うようにしています。
その方が割安だからですが、二人だと微妙に量が多くて残ることがあります。
そういうときはづけにするのですが、レシピは結構二、三時間くらいおいてなど、割とその日に食べる想定が多い気がします。

残ったのでづけにする場合は、その日は食べず、1日後に食べることになります。
漬かりすぎないかいつも気になります。

その為、お刺身は最初から厚めに切るようにしています。あと漬け汁に水は加えない、酒、みりんは煮切らないようにしています。
まあ、アルコール残っているのですが、仕方ありません。
醤油2、みりん1、酒1の割合で漬け汁は作っています。

また、次の日急に食べないことになったら、2日置くのはなんとなく怖いので、食べるときは焼いて食べてます。
刺身もこれで残すのが怖くなくなりました。


posted by ピスタチオ at 23:26| Comment(0) | 魚介中心の献立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする