2017年06月17日

梅ジュースと梅干し作りその後

最初の頃に出てきた、小さい梅で初めて作ってみた梅ジュースは、簡単でとてもおいしくできました。
そして、ジップロックで100g単位に小分けして作ったので、一袋はあっという間に飲み終わりました。
このペースだと、梅雨明けまで持たなさそう。

そして、梅干し用の塩漬けも、順調に梅酢が上がりました。

IMG_1714.JPG
といっても、梅酢で梅が全部浸かるほどは出てないですね。
二、三日に一回くらいは上と下をひっくり返して様子を確認しています。

最近は大粒の南高梅などが出てきましたね。
その大きさをみて、初心者の場合は、小さい梅でジップロックで少量つける方が扱いやすいように思いました。

赤しそが出ていたので、梅干しの一部は赤しそを一緒につけてみようと思います。

赤しそ余りそうなほどたっぷりだったので、しそジュースにも挑戦してみようと思います。


posted by ピスタチオ at 12:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

梅ジュースができました

IMG_1690.JPG
梅ジュースを漬けて1週間、3日くらいでてんさい糖は溶けて、あまり変化が見られなくなったので、試しに飲んでみました。

4倍くらいに薄めたでしょうか。
色も薄める前は濃い茶色でしたが、薄めたので梅ジュースっぽい色に。

飲んでみると、おいしいです。
てんさい糖の甘さもかなり感じますが、その中にほんのり梅の風味を感じられます。
ゴクゴクいけますね。
飲み始めたらあっという間になくなりそうです。

もう一つ生砂糖で漬けた方は多少砂糖の量が多かったかもしれませんが、それにしてもてんさい糖と比べて溶けるスピードが遅いようです。
ゆっくりと溶ける方が梅のエキスを十分に抽出してくれるのでしょうか。
1週間以上たって、やっと全部の生砂糖が溶けたようです。
しばらくしたら、こちらも飲んでみようと思います。

梅干しの方は塩は完全に溶けて、梅酢があがってきました。完全に梅が浸かるほどではないので、1日一回上と下をひっくり返しいます。
なんとなく、梅が柔らかくなり、梅干し風に見た目はなってきました。
こちらはまだまだ漬けて、土用干ししないとですね。
ジップロックでやってますが、今のところどれも順調です。

毎日楽しみです。

posted by ピスタチオ at 01:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

梅ジュースの出来具合

先週末に漬けた、梅ジュース。
毎日様子を観察して、砂糖の溶け具合、また、できるだけ空気を抜いてみたりして、こんな感じになってました。

IMG_1686-11a5b.JPG
てんさい糖なので、色も茶色。
でも、てんさい糖は全部溶けて、小梅はシワシワになって、少し茶色くなっていました。
シワシワになった分、エキスが梅から出ているのかしら。
これで梅100gてんさい糖100gです。

そして、次の日に生砂糖で漬けたものがこちら。

IMG_1687.JPG
まだ砂糖が溶け残っています。
でも、梅は完全に溶けた砂糖の中につかっています。
てんさい糖よりも生砂糖の方が溶ける速度が遅い気がします。

とりあえず、溶けたので、冷蔵庫に入れて、様子をみようと思います。

いつくらいから食べられるのかしら?

また、梅干しにしようと追熟していた残りの梅は青いままなり口から、痛んできたので、痛んだ梅は痛んだ箇所をとって冷凍にしました。折りを見て解凍し、梅ジュースにしようと思います。
大丈夫そうなのは、カリカリ梅なら、青い方がいいはずなので、そちらに転向しようと、アク抜きを始めたら、少し黄色というか、茶色というか、の色になってしまいました。
仕方がないので、最初の想定通りに梅干しにすることにしました。
梅と梅の重量の20%の塩をジップロックに入れて、塩を満遍なく行き渡らせる感じに混ぜて、空気をできるだけ抜きました。
それでも梅と塩が完全に混ざった状態にはならないので、毎日様子を見て、なるべく塩がうまく混ざった状態を保ちたいと思います。



posted by ピスタチオ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする