2016年12月29日

薬膳鍋を作ってみました

今年は昨日が仕事納めだった人も多いのではないでしょうか。
今年の疲れは今年のうちにとっておきたいですね。
というわけで、薬膳鍋を作ってみました。
中華食材や韓国食材などを色々使うのが正しいのでしょうが、近所のスーパー人参とあったものでなんとかしました。

まず、干し椎茸は水で戻しつつ、骨付き鶏もも肉を土鍋でグツグツして鶏の出汁をとります。そこに戻した水ごと干し椎茸を入れます。
スライスした生姜、にんにく、クコの実、松の実、白ごま、紅棗、砕いた八角、輪切りの唐辛子を入れて更にグツグツ。酒と塩で味を整えてつゆは完成。
具は野菜ときのこをたっぷり入れます。
白菜、キャベツ、人参、ネギ、水菜、えのき、しめじ、ひらたけ、舞茸、柿ノ木たけ、しゃぶしゃぶ用の牛肉を今回は入れました。

出汁用に入っている鶏もも肉と干し椎茸はどちらも具としていただきます。

途中の鍋はこんな感じです。

IMG_1371.JPG
黒っぽいのは棗、赤いのはクコの実です。

ゴマだれにつけて食べます。ポン酢をつけて食べてもおいしかったです。
 
最後は鶏の骨と棗と生姜は取り出して、残りの汁は全て飲み干しました。

見よう見まねで作りましたが、それらしくできたと思います。
薬効があるのかは信じるしかありませんが、美味しくいただけるのが一番だと思います。


posted by ピスタチオ at 23:02| Comment(0) | 鶏肉中心の献立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

エリンギも使ってわんぱくサンドを作ってみました

前回作ったわんぱくサンドを作った食パンが食べ余っていたし、またしてもご飯を炊いていなかったので、ふたたびわんぱくサンドに挑戦しました。
と言っても、具は家にあったもので作りました。
茹でブロッコリー、トマト、エリンギの醤油炒め、塩胡椒した目玉焼き・アボカドです。
エリンギなどきのこは軽い塩胡椒で炒めて最後に醤油を少しかけると香ばしくてサンドイッチの具になります。

トーストしながら、大きめのフライパンの半分で目玉焼き、もう半分でエリンギ炒めました。八割がたできた段階で蓋をして火を止めて余熱で火を通すと、早く冷めます。そのあと蓋をとって冷まします。
ブロッコリーはすでに茹でてあったので、トマトとアボカドと一緒に切って、トーストの上にのせてスタンバイ。
冷ました目玉焼きとエリンギ炒めをのせて、ギュとサンドします。

そして、できたのがこちら

IMG_1334.JPG
2回目の方が下手に見えるのは油断したせいでしょうか。
サンドする時に押すのも大事ですが、接着剤になる具が入ってない時はラップに包む時もしっかり押さえてずれないくらいピタッとしないとですね。
包丁を一度入れたら何があってもそのままつき進むことも切り口をきれいにするためには大事ですね。
また、目玉焼きがうまいこと黄身が半熟と完熟の間くらいにできましたが、持ち運びする弁当用には完熟の方が水分少なくていいかもしれません。

お味の方は前回よりもおいしくできました。
塩加減もよく、また、醤油味も加わりましたので、味も複雑さが増しました。

また機会があれば作ってみようと思います。

posted by ピスタチオ at 12:38| Comment(0) | ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

わんぱくサンドを作ってみました

明日お弁当を持っていきたい気分なのに、ご飯が炊いてない。
けど、朝食用に買ったおいしい食パンはある、なら、サンドイッチにして持っていこう。
ということで、候補に上がったのが、わんぱくサンド。
と言っても、具は色々みたいですね。
家にあったもので、作りました。

茹でたブロッコリー
かぼちゃの塩煮
目玉焼き
アボカド

他にも千キャベツやトマトなどもあったのですが、栄養バランス、味と食感のバランスや、水が出にくいかどうかで上の4品に決めました。

食パンの片側にはとろけるチーズをのせてトーストします。
水が出るかもしれない茹でたブロッコリーをチーズの上にのせて、クッションになるようにかぼちゃ塩煮をのせます。
反対側はアボカドをのせて、サンドする時に持ちやすいように目玉焼きを上にのせてカバーをします。
両側から本を閉じるようにサンドして、ラップで固定し、包丁で切ったら、はい、出来上がり。

IMG_1330.JPG

黄色、白、緑のグラデーションになりました。
萌え断と言えるかは微妙ですが、そこそこきれいにできました。
このまま持っていけないので、クッキングペーパーデ半分ずつ巻いて、完成。食べる時はクッキングペーパーを開けて、ラップを少し外して食べました。

お味はどうだったか、というと、まあ、自分の好きなものしか入れてませんから、おいしいに決まってます。ただ、塩加減がもうちょっと欲しかったので、目玉焼きに塩胡椒すればよかったかな、と思いました。
チーズとかぼちゃ塩煮の塩分でいけると思ったんですけどね。

作ってみて気づいたのですが、今回作ったわんぱくサンドの具はお弁当のおかずに入れる分と同じくらいの量が入ったということです。
今回であれば、お弁当にするならば、こんな献立でしょうか。

かぼちゃ塩煮
卵一個で玉子焼き
アボカドとブロッコリーのポン酢和え
梅干しご飯

みたいな。
調味料や調理法が少し違うかな、くらいです。
なので、ボリュームはいつも通りになったのかなと思いました。
実際のお腹のたまり具合もいつも通りでしたね。
まあ、こんなに都合よくサンドイッチにできそうな具があるときばかりではないですし、食パンもおいしいのでないとおいしくないでしょうから、何度もしないでしょうけど、たまにはいいかなぁと思いました。
今度作るなら、また別の組み合わせを試してみようと思います。


posted by ピスタチオ at 12:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする